つくばと筑波山の総合情報サイト!
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

MENU

筑波山

筑波研究学園都市

つくば近隣ガイド

広告

■ Links ■

■ 利用規約等 ■

当サイトに関するお問い合わせ等はe-mailで
つくば新聞編集部まで。

パワースポット 茨城県著名神社寺院紹介

 つくば市内はじめ、茨城県南部にあるパワースポットとして人気がある著名な神社と寺院をつくば新聞が独自に選定しました。 なお、掲載の情報は当サイトが独自に調べたものであり、その調査時点のものに過ぎません。 その後変更等になっている場合もあり、情報を保証するものではありません。
 ここで紹介している神社仏閣は、原則次の3点、 祈祷を随時受け付けている。御札、お守りの販売がある。御朱印の対応している。−−です。
 御朱印については御朱印・神社御朱印・寺院を参照。
筑波山神社 つくば市
祭神
 筑波男大神=つくばおのおおかみ(伊弉諾尊=イザナギノミコト)、 筑波女大神=つくばめのおおかみ(伊弉冉尊=イザナミノミコト)
由緒
 天地開闢以来の歴史があるという。式内社(筑波男大神は名神大社、筑波女大神は小社)。 旧県社。現在は神社本庁の別表神社。
特徴
 筑波山が御神体。男体山山頂及び女体山山頂に本殿、中腹に拝殿がある。筑波山の標高270m以上約370haが境内。
特徴ある御札・御守など
 錦守、縁結守、男体守、女体守、御砂守、つくばね守など。交通安全ステッカー有。
御朱印
 筑波山神社、男体山御本殿、女体山御本殿、恵比寿神(常陸七福神)、朝日稲荷神社(末社)、日枝神社・春日神社(末社)、 厳島神社(末社)、蚕影神社(兼務社)。オリジナル御朱印帳有。
祭礼等
 4月1日、11月1日に御座替祭。元旦祭。2月10日、11日に年越(節分)祭。
住所
 つくば市筑波1。筑波山神社拝殿の地図
アクセス
電車・バス つくばエクスプレス「つくば駅」下車、筑波山シャトルバスで「筑波山神社前」バス停下車、徒歩約5分。
自動車 常磐自動車道「土浦北IC」、国道125号経由約35分。
駐車場
 専用駐車場有(有料)。周辺に市営駐車場及び民間駐車場有(有料)。
 神社の詳細は筑波山神社へ。
筑波山神社拝殿
筑波山神社拝殿
男体山本殿 女体山本殿
筑波山神社男体山本殿(左)、筑波山神社女体山本殿(右)
金村別雷神社 つくば市 かなむらわけいかづちじんじゃ
祭神
 別雷大神(かけいかづちのおおかみ)。
由緒
 931(承平元)年、時の領主で、桓武天皇の皇孫豊田氏が霊夢に感応し、ただちに加茂別雷神社(上加茂神社)の分霊を勧請。 後冷泉天皇から下賜された「つぐみ竜」紋の神旗がある。
特徴
 関東3雷神(他は水戸市の別雷皇太神、群馬県板倉町の雷電神社)の一つ。本殿は茨城県指定文化財。
特徴ある御札・御守など
 雷除御守、諸難除御守、子宝・子授御守、厄除御守、金運御守、幸福御守、夢叶御守、厄除十二支御守(天然石)、 幸福水晶御守などがある。交通安全ステッカー有。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 春の例祭(4月の第2土日)、秋の例祭(11月23日)。元旦(お目覚め)祭。
住所
 つくば市上郷8319−1。金村別雷神社の地図
アクセス
電車・バス つくばエクスプレス「万博記念公園駅」下車、タクシー約25分。 関東鉄道常総線「三妻駅」下車、徒歩約40分。
自動車 常磐自動車道「谷和原IC」から国道294号経由約35分。
駐車場
 駐車スペース有(無料)。
金村別雷神社
金村別雷神社拝殿
千勝神社 つくば市 ちかつじんじゃ
祭神
 千勝大神(ちかつおおかみ=猿田彦大神さるだひこおおかみ)。
由緒
 1964(昭和39)年、下妻市にある千勝神社の別宮として建立された。 下妻市の千勝神社は、502年の創建と伝えられ、1426(応永32)年、現在地に鎮座した。
特徴ある御札・御守など
 勝守、心願成就御守、五色ひょうたん守、交通安全ふさつき守、割り符守、初宮御守、守護札などがある。交通安全ステッカー有。
御朱印
 御朱印有。
住所
 つくば市泊崎173。千勝神社の地図
アクセス
電車・バス JR常磐線「藤代駅」下車、タクシー約10分。つくばエクスプレス「みらい平駅」下車、タクシー約15分。
自動車 常磐自動車道「谷田部IC」から約10分。
駐車場
 専用駐車場有(無料)。
千勝神社
千勝神社拝殿
慶龍寺 つくば市 けいりゅうじ
本尊宗派等
 勢光山広蔵院慶龍寺。泉子育て観音。真言宗豊山派。本尊は子育出世正観世音菩薩。
由緒
 1615(元和元)年、現在の神奈川県小田原・観音寺の住職・慶龍法印が観音像を持参し布教中、 この地にとどまり1618(元和4)年、堂を建立したのが始まりとされる。
特徴
 鐘楼は明治初期、筑波山中禅寺のものを移築した。
特徴ある御札・御守など
 資子御守、虫封じ御守、成長安全御守などがある。
御朱印
 御朱印有。
行事等
 2月11日の年越大祭。桜祭り。子供の日大法要。七五三祈願大法要。毎月17、18日は縁日。
住所
 つくば市泉2348。慶龍寺の地図
アクセス
電車・バス つくばエクスプレス「つくば駅」下車、つくバス北部シャトル「筑波交流センター」下車、徒歩約15分。 つくばエクスプレス「つくば駅」下車、タクシーで約20分。
自動車 常磐自動車道「土浦北IC」、国道125号経由約20分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
慶龍寺本堂
慶龍寺本堂
大宝八幡宮 下妻市 だいほうはちまんぐう
祭神
 誉田別命、足仲彦命、気長足姫命。
由緒
 大宝元(701)年、藤原時忠が筑紫の宇佐八幡宮を勧請創建したとされる。 1577(天正5)年に建立された本殿は、国指定文化財になっている。旧県社。
特徴
 「関東最古の八幡さま」。大きな宝と書くことから、最近では宝くじの神社としても人気を集めている。
特徴ある御札・御守など
 大宝御守、七福神御守、身代り御守、無病息災御守(6色ひょうたん)、開運厄除け御守(カード)、良縁御守、 方位除御守、学業成就守(ランドセル型)などがある。交通安全ステッカー有。
御朱印
 御朱印、オリジナル御朱印帳有。オリジナル御朱印帳は季節限定品有。
祭礼等
 9月15日例大祭。9月12日、9月14日「タバンカ祭」。
住所
 下妻市大宝667。大宝八幡宮の地図
アクセス
電車・バス 関東鉄道常総線「大宝駅」下車、徒歩約3分。
自動車 常磐自動車道「谷和原IC」から国道294号経由約40分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
大宝八幡宮拝殿
大宝八幡宮拝殿
一言主神社 常総市 ひとことぬしじんじゃ
祭神
 一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)。
由緒
 809(大同4)年に大和国葛城山の一言主神社(奈良県御所市)から一言主神を迎えて現在地近くに祀ったのが始まりとされる。 現在地に移ったのは1459(長禄3)年。
特徴
 通称「ひとこと明神」。その名の通り「ひとこと」願いを言えばかなうとされる。
特徴ある御札・御守など
 身守り、病気平癒守り、子供守り、成長守り、就職守り、小槌守り、良縁守り、勝守り、学業成就守り、水晶守り、 子宝守りなど。交通安全ステッカー有。
御朱印
 御朱印、オリジナル御朱印帳複数有。
祭礼等
 毎年9月13日に秋季例大祭。奉納行事として大塚戸の綱火(おおつかどのつなび)が行われる。
住所
 常総市大塚戸町875。一言主神社の地図
アクセス
電車・バス 関東鉄道常総線「水海道駅」下車、タクシーで約15分。 つくばエクスプレス「守谷駅」下車、タクシーで約20分。
自動車 常磐自動車道「谷和原IC」から約15分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
一言主神社
一言主神社拝殿
大生郷天満宮 常総市 おおのごうてんまんぐう
祭神
 菅原道真公。
由緒
 929(延長7)年、道真公の第3子、景行公の創建。遺族が創祀した唯一の天満宮とされる。
特徴
 御廟天神とも呼ばれ、大宰府天満宮、北野天満宮とともに日本3天神の一つとされる(異説有り)。
御朱印
 御朱印、オリジナル御朱印帳有。
祭礼等
 毎年正月25日の初天神には、多くの受験生で賑わう。
住所
 常総市大生郷町1234。大生郷天満宮の地図
アクセス
電車・バス 関東鉄道常総線「水海道駅」下車、タクシーで約20分。
自動車 常磐自動車道「谷和原IC」から約20分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
大生郷天満宮
大生郷天満宮拝殿
不動院 つくばみらい市 ふどういん
本尊宗派等
 清安山願成寺不動院。板橋不動尊、板橋のお不動さん。真言宗豊山派。本尊は不動明王。
由緒
 808(大同3)年、弘法大師の開基と伝えられる。現在の建物は、文禄年間(1592〜96年)に本堂、 元禄年間(1688〜1704年))に楼門が建立され、更に1780(安永9)年に三重塔が完成した。
特徴
 関東三不動の一つ。本尊の不動明王は両脇侍像とともに国指定重要文化財。 朱色の本堂、楼門、塔は、いずれも茨城県指定文化財。北関東三十六不動尊霊場36番札所。
行事等
 1月28日初不動。
御朱印
 御朱印有。
住所
 つくばみらい市板橋2370。不動院の地図
アクセス
電車・バス つくばエクスプレス「みらい平駅」下車、タクシーで約5分。
自動車 常磐自動車道「谷田部IC」から約15分。常磐自動車道「谷和原IC」から約20分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
不動院本堂
不動院本堂
常陸國總社宮 石岡市 ひたちのくにそうしゃぐう
祭神
 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、須佐之男命(すさのおのみこと)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)、 大国主神(おおくにぬしのかみ)、大宮比売命(おおみやひめのみこと)、布瑠大神(ふるのおおかみ)。
由緒
 創建年代は不詳。国司の国内神社巡回を省くために国府に総社が置かれたとされ、平安時代には創建されていたと考えられる。 常陸國の総鎮守。
特徴ある御札・御守など
 軍扇守、筑波山守、獅子守、獅子頭のついた携帯電話ストラップ守など。石岡市とゆかりのある漫画家手塚治虫のキャラクター火の鳥とコラボした「火の鳥お守り」 「火の鳥絵馬」がある。
御朱印
 御朱印(常陸國總社宮、兼務社の佐志能神社)、オリジナル御朱印帳有。オリジナル御朱印帳の表紙は同神社の例大祭である「石岡のおまつり」の獅子が刺繍されている。 期間及び数量限定頒布(正月及び例大祭のある9月)のジャングル大帝御朱印帳有。
祭礼等
 石岡のおまつりは同神社の祭礼。
住所
 石岡市総社2−8−1。常陸國總社宮の地図
アクセス
電車・バス JR常磐線「石岡駅」下車、徒歩約15分。
自動車 常磐自動車道「千代田石岡IC」から約7分。
駐車場
 駐車場有(無料)。祭礼時は臨時駐車場有(無料)。
常陸國總社宮拝殿
常陸國總社宮社殿
楽法寺 桜川市 らくほうじ
本尊宗派等
 雨引山楽法寺。雨引観音。真言宗豊山派。本尊は延命観世音菩薩。
由緒
 588年中国(梁)出身の法輪独守居士の創建。 本堂は明暦年間(1655〜58年)、仁王門は建長年間(1249〜55年)の建立とされ、いずれも茨城県指定文化財。 多宝塔は嘉永年間(1848〜54年)の建立。黒門は、室町時代中期の建築で、もとは真壁城の城門。
特徴
 標高409mの雨引山の中腹にある。坂東三十三観音霊場第24番札所。関東八十八ヵ所霊場特別霊場、東国花の寺百ヶ寺茨城6番。
特徴ある御札・御守など
 安産守、子育守、成人守、子授守、ボケ除け守、縁結び守、学業交通ランドセル守、本水晶幸運守、ボケ封じ念珠守など。 交通安全ステッカー有。
御朱印
 御朱印(坂東三十三観音霊場、関東八十八ヵ所霊場、東国花の寺百ヶ寺)、オリジナル御朱印帳有。
行事等
 4月の第2日曜日に日本二大鬼祭「マダラ鬼神祭」。6月に「あじさい祭」開催。
住所
 桜川市本木1。楽法寺の地図
アクセス
電車・バス JR水戸線「岩瀬駅」下車、タクシーで約15分。
自動車 北関東自動車道「桜川筑西IC」から約15分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
雨引観音
楽法寺観音堂
磯部稲村神社 桜川市 いそべいなむらじんじゃ
祭神
 天照皇大神、栲幡千々姫命、瀬織津姫命、木花咲耶姫例命、天手力雄命など12柱。
由緒
 111(景行天皇40)年、日本武尊が伊勢神宮の荒祭宮である礒宮をこの地へ移祀したと伝えられている。
特徴
 神社周辺は「名勝桜川」として桜の名所。本殿裏側に「要石」がある。
御朱印
 御朱印有。
住所
 桜川市磯部779。磯部稲村神社の地図
アクセス
電車・バス JR水戸線「羽黒駅」下車、徒歩約25分。JR水戸線「岩瀬駅」下車、タクシーで約10分。
自動車 北関東自動車道「桜川筑西IC」から国道50号経由約10分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
磯部稲村神社
磯部稲村神社拝殿と境内  
五所駒瀧神社 桜川市 ごしょこまがたきじんじゃ
祭神
 武甕槌命、大山咋神、猿田彦神、木花開耶姫神、菅原道真公。
由緒
 創建は1014(長和3)年、三条天皇の御代と伝えられる。1172(承安2)年、初代真壁城主・真壁六郎長幹が真壁の総社とし保護した。
特徴
 真壁富士(権現山)の登山口が境内にある。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 毎年7月23日から26日の4日間に渡って行われる真壁祇園祭(正式には五所駒瀧神社の祭礼)。 8月31日に、権現山の神様に火を奉納する「かったて祭」。
住所
 桜川市真壁町山尾499。五所駒瀧神社の地図
アクセス
電車・バス JR水戸線「岩瀬駅」下車、タクシーで約20分。
自動車 北関東自動車道「桜川筑西IC」から約20分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
五所駒瀧神社拝殿
五所駒瀧神社拝殿
加波山三枝祇神社 かばさんさえなずみじんじゃ 桜川市
祭神
 伊弉册大神、速玉男大神、事解男大神。
由緒
 日本武尊が東征の折、加波山に登拝し祠を祀ったのが始まりともされる。 古くは神仏混合の加波山大権現として信仰されていた。加波山三枝祇神社本宮。加波山神社本宮。
特徴
 桜川市真壁町長岡に里宮、加波山山頂に本殿がある。里宮は加波山神社親宮の里宮も兼ねる。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 8月に禅定祭。毎年冬至の日に火渉祭が行われる。
住所
 桜川市真壁町長岡809。加波山三枝祇神社本宮里宮の地図
アクセス
電車・バス JR水戸線「岩瀬駅」下車、タクシーで約20分。
自動車 北関東自動車道「桜川筑西IC」から約20分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
加波山神社本宮
加波山三枝祇神社本宮及び親宮の里宮社殿
加波山神社 かばさんじんじゃ 桜川市、石岡市
祭神
 国常立尊、伊邪那岐尊、伊邪那美尊。
由緒
 日本武尊が東征の折、加波山に登拝し3つの社殿を祀ったのが始まりともされる。 その後は、神仏混合時代が続き加波山大権現として信仰されていた。
特徴
 桜川市真壁町長岡及び石岡市大塚に里宮、加波山山頂に本殿がある。また、たばこ神社、普明神社を祀る。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 8月に禅定祭。9月第1日曜日にきせる祭。
住所
 桜川市真壁町長岡891。加波山神社桜川里宮の地図
アクセス
電車・バス JR水戸線「岩瀬駅」下車、タクシーで約20分。
自動車 北関東自動車道「桜川筑西IC」から約20分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
加波山神社
加波山神社桜川里宮社殿
牛久大仏 牛久市 うしくだいぶつ
本尊宗派等
 牛久阿弥陀大佛。浄土真宗東本願寺派(本山:東京都台東区浅草・東本願寺)。
由緒
 1989(平成元)年に着工、1993(平成5)年に完成した。
特徴
 ギネスブックも公認する青銅製仏像では世界一の高さ120m(像本体100m・台座20m)の大仏。 内部に入ることができ、1階は光の世界、2階知恩報徳の世界、3階蓮華蔵世界、4・5階霊鷲山の間と名づけられた写経などが出来る施設がある。 拝観料有。
御朱印
 御朱印、オリジナル御朱印帳有。御朱印、御朱印帳とも複数有。
行事等
 4月に花祭り、8月に万灯会、5月と10月にお花摘み。
住所
 牛久市久野町2083。牛久大仏の地図
アクセス
電車・バス JR常磐線「牛久駅」下車、「牛久大仏・牛久浄苑」行きないし「あみプレミアムアウトレット」行きバスで「牛久大仏」下車。
自動車 首都圏中央連絡自動車道「阿見東IC」から約3分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
牛久大仏
世界一の牛久大仏
八坂神社 土浦市 やさかじんじゃ
祭神
 素戔嗚尊(すさのおのみこと)。
由緒
 創立年代不詳。御神体の牛頭天王像が霞ケ浦で漁の網にかかり、引き上げられて沿岸に祀られたのはじまりという。 江戸時代には歴代土浦藩主の崇敬厚く、土浦城の守護神とされた。旧郷社。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 土浦祇園祭は同神社の祭礼。
住所
 土浦市真鍋5−9−1。八坂神社・土浦の地図
アクセス
電車・バス JR常磐線「土浦駅」西口下車、「つくば国際大循環」、「高岡」行き、「下妻駅」行き、 「筑波山口」行きなどのバスで「土浦一高」下車徒歩約3分。
自動車 常磐自動車道「土浦北IC」から約7分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
八坂神社
八坂神社社殿
八坂神社 守谷市 やさかじんじゃ
祭神
 素戔嗚尊(すさのおのみこと)。
由緒
 806(大同元)年の創建と伝えられる。守谷総鎮守。
特徴ある御札・御守など
 干支守り、ランドセル守り、勾玉守り、無事かえる守り、二輪車・ベビーカー守り、ペット守りなど。交通安全ステッカー有。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 守谷祇園祭は同神社の祭礼。北総三大祇園祭とされる。
住所
 守谷市本町629。八坂神社・守谷の地図
アクセス
電車・バス つくばエクスプレス「守谷駅」下車、徒歩約10分。
自動車 常磐自動車道「谷和原IC」から約10分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
八坂神社
八坂神社社殿
八坂神社 取手市 やさかじんじゃ
祭神
 素盞鳴命(すさのおのみこと)。
由緒
 1626(寛永3)年の創建。拝殿は、1832(天保3)年の建立、本殿は1903(明治36)年の再建。取手総鎮守。
特徴ある御札・御守など
 防火盗難除け神札、八方来福守護、厄除守、厄除開運十二支守、勝守、身代り御守、割符守、ん守、ペット守、スサノオ絵馬などがある。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 8月1日からの3日間、取手祇園祭。関東三大御輿とよばれる勇壮な大御輿の渡御。北総三大祇園祭とされる。
住所
 取手市東1−2−9。八坂神社・取手の地図
アクセス
電車・バス JR常磐線「取手駅」下車、徒歩10分。
自動車 常磐自動車道「谷和原IC」から約25分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
八坂神社
八坂神社社殿
八坂神社 龍ケ崎市 やさかじんじゃ
祭神
 建速須佐鳴神(たけはやすさのをのかみ)、奇稲田姫神(くしなだひめのかみ)。
由緒
 鎌倉時代、源頼朝から茨城県南部の地頭に任ぜられた下川辺政義が、文治年間(1185〜90年)、沼地だった龍ケ崎を開墾する際、 高井村(現在の貝原塚町)の農民を移した。この時、高井村の八坂神社の分社を開拓地に建立した。龍ケ崎鎮守。
特徴
 国選択無形民俗文化財、関東三奇祭「撞舞(つくまい)」で知られる。
特徴ある御札・御守など
 勝守、金運守、旅行安全守、誕生月花御札御守、十二支御守などがある。交通安全ステッカー有。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 毎年7月21日から29日の間の金、土、日曜日に開催される祇園祭。「撞舞」は最終日に奉納される。
住所
 龍ケ崎市4279。八坂神社・龍ケ崎の地図
アクセス
電車・バス 関東鉄道竜ケ崎線「竜ケ崎駅」下車、徒歩約7分。
自動車 首都圏中央連絡自動車道「牛久阿見IC」から約20分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
八坂神社
八坂神社社殿
大杉神社 稲敷市 おおすぎじんじゃ
祭神
 倭大物主櫛甕玉大神(やまとのおおものぬしくしみかたまのおおかみ)。
由緒
 767(神護景雲元)年の創建とされる。祭神は海河守護の神様。
特徴
 日本で唯一という夢結びの神社。地元では、あんば様とも呼ばれている。 鼻高天狗、烏天狗の両天狗を眷属として祀り、鼻高天狗は「ねがい天狗」、烏天狗は「かない天狗」と呼ばれている。 境内には勝馬神社があり、競馬関係者や競馬ファンの参拝が多い。同じく相生神社は、子授けに御利益ありとして広く信仰を集めている。
特徴ある御札・御守など
 夢むすび御守、えんむすび御守、天狗御守、厄除懸御守、吊るし桃、財運小判、御種銭、子授け棒、子持勾玉御守、勝馬守、 たてがみ御守、、夢むすび絵馬、馬蹄絵馬などがある。
御朱印
 御朱印、オリジナル御朱印帳有。
祭礼等
 4月春の大祭あんばおこと、10月秋の大祭あんばまち。
住所
 稲敷市阿波958。大杉神社の地図
アクセス
電車・バス JR成田線「佐原駅」下車、桜東バス「江戸崎」行き「阿波(あんば)」バス停下車。JR成田線「神崎駅」下車、直通バス有(土日のみ)。
自動車 首都圏中央連絡自動車道「稲敷東IC」から約10分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
大杉神社社殿
大杉神社社殿
羽黒神社 筑西市 はぐろじんじゃ
祭神
 大国主命、玉依姫命。
由緒
 下館初代城主・水谷将勝が1481(文明13)年、領内鎮護を祈願し、出羽国(山形)の羽黒大権現を勧請した。
特徴
 羽黒神社は、その後下館城を中心に7つ建立され、七羽黒と称される。同神社は七羽黒の筆頭神社。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 下館祇園祭は同神社の祭礼。毎年担がれる神輿では日本一の大きさという大神輿(平成神輿)がある。 また、祇園祭最終日に行われる川渡御(明治神輿)で知られる。
住所
 筑西市甲(大町)37。下館羽黒神社の地図
アクセス
電車・バス JR水戸線「下館駅」北口下車、徒歩約10分。
自動車 北関東自動車道「桜川筑西IC」から約25分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
羽黒神社
羽黒神社社殿
健田須賀神社 結城市 たけだすがじんじゃ
祭神
 武渟川別命(たけぬながわわけのみこと)、須佐之男命(すさのおのみこと)。
由緒
 1870(明治3)年に健田神社と須賀神社を合祀した。 旧健田神社は、「延喜式」(927年)の定められた時代には、下総国11社に選ばれ国司による奉幣があった。 旧須賀神社は、1242(仁治3)年、結城家初代の朝光公が尾張国津島神社より神霊を勧請した。
特徴
 結城総鎮守。
特徴ある御札・御守など
 結城紬特製健康御守、御手杵の槍守など。交通安全ステッカー有。
御朱印
 御朱印、表紙に御手杵の槍がデザインされたオリジナル御朱印帳有。
祭礼等
 毎年7月第3日曜日から第4日曜日にかけて行われる結城夏祭りは同神社の祭礼。
住所
 結城市結城195。健田須賀神社の地図
アクセス
電車・バス JR水戸線「結城駅」北口下車、徒歩約10分。
自動車 北関東自動車道「桜川筑西IC]から約40分、東北自動車道「佐野藤岡IC」から約50分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
健田須賀神社
結城市内の中心部に鎮座する健田須賀神社
新長谷寺 八千代町 しんはせでら
本尊宗派等
 太光山新長谷寺。八町観音。真言宗豊山派。本尊は十一面観音。
由緒
 鎌倉時代の1232(貞永元)年、結城朝光が鎌倉から持ち帰った十一面観音を祀る為に堂宇を建てたのが始まりと伝えられる。
特徴
 日本3大長谷観音のひとつという。関東八十八ヵ所霊場第38番札所。東国花の寺百ヶ寺茨城8番。葛飾坂東観音霊場番外札所。
御朱印
 御朱印有(関東八十八ヵ所霊場、東国花の寺百ヶ寺)。
住所
 結城郡八千代町八町149。新長谷寺の地図
アクセス
電車・バス 関東鉄道常総線「下妻駅」下車、タクシーで約20分。
自動車 常磐自動車道「谷和原IC」から国道294号、国道125号経由約50分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
八町観音
八町観音
蛟虫罔神社 利根町 こうもうじんじゃ
祭神
 罔象女大神(みつはのめのおおかみ)。
由緒
 紀元前288年、現在の門の宮に罔象女大神を祀ったのが始まりと伝えられている。延喜式内社。
特徴
 蛟●神社(●の漢字は虫へんに罔)。門の宮(かどのみや)と奥の宮(おくのみや)がある(社務所は奥の宮)。 とね七福神の大黒天を祀る。
特徴ある御札・御守など
 龍神御守、うまく行く守り、かえるお守り、龍神絵馬など。
御朱印
 御朱印有。
祭礼等
 旧暦9月15日(開始は前日の14日午後10時から)に例大祭「ばかまち」が行われる。
住所
 北相馬郡利根町立木882。蛟もう神社奥の宮の地図
アクセス
電車・バス JR常磐線「取手駅」東口下車、大利根交通バス「立崎車庫」行きで「立木」バス停下車、徒歩約5分。
自動車 首都圏中央連絡自動車道「牛久阿見C」から約30分。常磐自動車道「谷和原IC」から約50分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
蛟もう神社奥の宮拝殿
蛟もう神社奥の宮拝殿
笠間稲荷神社 笠間市 かさまいなりじんじゃ
祭神
 宇迦之御魂命。
由緒
 創建は、社伝によると、651(白雉=はくち=2)年とされる。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社。
特徴
 正月の初詣には約80万人が参拝者に訪れ、茨城県初詣参拝者数第1位。 京都・伏見稲荷、愛知・豊川稲荷と並んで日本三大稲荷の一つ。常陸七福神・大黒天を祀る。
特徴ある御札・御守など
 交通安全身体健全御守、えんむすび守、金運守、こどもまもりなど。
御朱印
 御朱印(笠間稲荷神社、常陸七福神大黒天)、オリジナル御朱印帳有。
祭礼等
 2月3日節分、4月9日例大祭、5月10日御田植祭、11月3日流鏑馬など。
アクセス
電車・バス JR水戸線「笠間駅」下車、徒歩約20分。
自動車 北関東自動車道「友部IC」から約15分。
住所
 笠間市笠間1。笠間稲荷神社の地図
駐車場
 専用駐車場有(有料)。周辺に無料市営駐車場有。
笠間稲荷神社拝殿
笠間稲荷神社拝殿
常陸国出雲大社 笠間市 ひたちのくにいずもたいしゃ
祭神
 大国主大神。
由緒
 1992(平成4)年、島根県出雲市の出雲大社から分霊を祀って誕生。 2014(平成26)年9月16日、単立宗教法人、常陸国出雲大社として独立。
特徴
 拝殿に巨大な注連縄。
特徴ある御札・御守など
 薬神守、癌封守、緑の鈴、御富貴玉、大国主大神絵札、事代主大神(恵比寿)絵札、両福神札、縁結びの絵馬など。
御朱印
 御朱印、オリジナル御朱印帳有。
祭礼等
 2月3日節分祭など。
住所
 笠間市福原2001。常陸国出雲大社の地図
アクセス
電車・バス JR水戸線「福原駅」下車、徒歩約7分。
自動車 北関東自動車道「笠間西IC」から約5分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
常陸国出雲大社
常陸国出雲大社拝殿
雀神社 古河市 すずめじんじゃ
祭神
 大己貴命、少彦名命、事代主命。
由緒
 創建は不明だが、およそ1100年前、出雲大社から勧請したと伝えられている。
特徴
 古河総鎮守。旧郷社。地元では「お雀様」の愛称で親しまれている。
御朱印
 御朱印有。
住所
 古河市宮前町4−52。雀神社の地図
アクセス
電車・バス JR宇都宮線「古河駅」西口下車、徒歩約20分。
自動車 首都圏中央連絡自動車道「境古河IC」から約35分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
雀神社
雀神社社殿
鶴峯八幡宮 古河市 つるがみねはちまんぐう
祭神
 誉田別命、神功皇后、経津主命。
由緒
 1181(養和元)年、源頼朝が相模国の鶴岡八幡宮から勧請した。
特徴
 日光街道鎮守。旅の神が祀られている。例祭で奉納される永代太々神楽は古河市民俗無形文化財。
御朱印
 御朱印有。オリジナル御朱印帳有。
住所
 古河市中田1337−7。鶴峯八幡宮の地図
アクセス
電車・バス JR宇都宮線「栗橋駅」東口下車、徒歩約35分。
自動車 首都圏中央連絡自動車道「境古河IC」から約30分。
駐車場
 駐車場有(無料)。
鶴峯八幡宮
鶴峯八幡宮
長谷寺 古河市 はせでら
本尊宗派等
 明観山観音院長谷寺。長谷観音。本尊は十一面観世音菩薩。
由緒
 1493(明応2)年、古河公方の足利成氏が、古河城の鬼門除けとして建立。 明治初期の廃寺となったが、1914(大正3)年に再興。
特徴
 大和、鎌倉の長谷寺とともに、日本3大長谷観音とされる。 葛飾坂東観音霊場番外札所。
御朱印
 御朱印有。
住所
 古河市長谷町5−1。長谷観音の地図
アクセス
電車・バス JR宇都宮線「古河駅」西口下車、徒歩20分。
自動車 首都圏中央連絡自動車道「境古河IC」から約35分。
駐車場
 専用駐車場有(無料)。
長谷観音
長谷観音
鹿島神宮 鹿嶋市 かしまじんぐう
祭神
 武甕槌大神。
由緒
 創建は神武天皇1年(紀元前660年)と伝えられている。式内社。旧社格は官幣大社。常陸国一の宮。
特徴
 日本全国に約600社ある鹿島神社の総本社。香取神宮(千葉県香取市)、息栖神社(神栖市)とともに東国3社と呼ばれる。
特徴ある御札・御守など
 武道守、勝守、鹿島立守、交通安全守、幸運守など。
御朱印
 御朱印(鹿島神宮及び奥宮)、オリジナル御朱印帳有。
祭礼等
 例祭は9月1日。また12年に一度の午年には、式年大祭御船祭が執り行われる。
住所
 鹿嶋市宮中2306−1。鹿島神宮の地図
アクセス
電車・バス JR鹿島線「鹿島神宮駅」下車、徒歩約10分。
自動車 東関東自動車道「潮来IC」から約15分。
駐車場
 神社入口に専用駐車場有(有料)。周辺に専用無料駐車場有。祭礼時は臨時駐車場有(有料)。
鹿島神宮拝殿
鹿島神宮拝殿
copyright © 2007-2017 つくば新聞 by tsukubapress.com all rights reserved.

広告