つくばと筑波山の総合情報サイト!
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

MENU

筑波山

筑波研究学園都市

つくば近隣ガイド

広告

■ Links ■

■ 利用規約等 ■

当サイトに関するお問い合わせ等はe-mailで
つくば新聞編集部まで。

阿見町・美浦村

 稲敷郡阿見町は、土浦市の南隣に位置する霞ケ浦湖畔の町。1955(昭和30)年4月1日、旧阿見町と朝日村、君原村合併して誕生した。 同年4月20日、舟島村の大部分を編入した。土浦市と同じく、戦前は海軍の霞ケ浦航空隊があった。 当時、現在の陸上自衛隊土浦駐屯地・武器学校には、予科練が置かれており、多くの若い航空兵が訓練をしていた。 同駐屯地には現在、雄翔館(予科練記念館)や記念碑が建てられている。人口は47,535人(2015年国勢調査)、71.39平方km。 茨城県内の町では最も人口が多い。
 稲敷郡美浦村は阿見町の東隣、同じく霞ケ浦の湖岸にある。1955(昭和30)年4月1日、安中村、木原村と舟島村の一部が合併し霞村が成立、 同日改称し美浦村となった。 JRA(日本中央競馬会)の美浦トレーニングセンターがあることで有名。 人口は15,842人(2015年国勢調査)、面積は66.57平方km。
 阿見町と美浦村は合併して霞南市になる予定だったが、美浦村の住民投票で否決され、直前にご破算になった。

阿見町

霞ヶ浦、霞ヶ浦湖岸道路水郷筑波国定公園へ。
あみプレミアム・アウトレット
 チェルシージャパン(三菱地所子会社)の運営するアウトレットモール。2009(平成21)年7月9日オープン。チェルシージャパンの運営するモールとしては全国で8番目、首都圏では栃木県佐野市に次いで2番目。 ファッション、スポーツ、装飾雑貨、化粧品、インテリアなど多くのブランドを取り扱っている。
 首都圏中央連絡自動車道の阿見東インターチェンジに隣接、専用道で結ばれており、一般道を経ないで入店できる。 鉄道・バスでは、つくばエクスプレス守谷駅西口から関東鉄道常総線新守谷駅を経由する直行バス(運賃は片道1000円だが、往復の場合は復路の無料利用券が運賃支払い時にもらえる)、JR常磐線荒川沖駅東口から路線バス(運賃は片道500円だが、往復の場合は復路の無料利用券が運賃支払い時にもらえる)がある。 また、千葉県の千葉みなと駅西口から千葉駅NTT前を経由する直行バスも運行(休日を中心とした指定日のみ)されている。 このほか、首都圏各地から旅行会社による買い物ツアーで訪れる人も多い。
 稲敷郡阿見町吉原2700。あみプレミアム・アウトレットの地図
あみプレミアム・アウトレット外観 あみプレミアム・アウトレット
あみプレミアム・アウトレット外観(左)、外側から通路(アベニュー)を望む(右)
予科練平和記念館
 記念館の外観は、市松模様のデザインが特徴。予科練の貴重な資料を保存展示し、戦争の記録を風化させることなく、次の世代に継承し、命や平和の大切さを考えてもらうための施設。 館内は、予科練の象徴でもあり「若鷲の歌」にもある7つボタンにちなみ、「入隊」「訓練」「心情」「飛翔」「交流」「窮迫」「特攻」の7つのゾーンから構成される。
 予科練とは、旧日本海軍が、14歳から17歳までの少年を全国から選抜し、搭乗員としての基礎訓練を行った施設。 最初、神奈川県の横須賀航空隊に設置されたが、1922(大正11)年、当時、東洋一の航空基地といわれた霞ヶ浦海軍航空隊が設置されたことに伴い、 1939(昭和14)年に移転した。翌1940(昭和15)年、予科練は土浦海軍航空隊として独立。現在の陸上自衛隊土浦駐屯地の場所にあった。 出身者は約24000人、その8割、約18000人が戦死している。特攻隊や人間魚雷などで出撃し戦死した出身者も多い。
 休館日は毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)と12月29日から1月3日の年末年始。開館時間は午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)。 入館料は大人500円、小中高生300円。無料駐車場有。
 稲敷郡阿見町廻戸5−1。予科練平和記念館の地図
予科練平和記念館 回天模型
予科練平和記念館外観(左)、屋外に展示されている回天の模型(右)
予科練記念館・雄翔館
 陸上自衛隊土浦駐屯地内にある予科練の資料館。館内には、練習生の遺品や遺書、写真など約1700点が展示されている。 入口に山本五十六元帥の銅像がある。予科練の出身者や遺族で構成される財団法人海原会が運営する。1968(昭和43)年11月24日、高松宮両殿下をお迎えし開館式を行った。
 入館は予科練平和記念館駐車場から専用通路を入る。下記の雄翔園の奥にある。開館時間は午前9時30分から午後4時30分(最終入館は午後4時)。 入館料無料。休館日は予科練平和記念館に同じ。 以前は、土浦駐屯地の入口で受付をして入る必要があったが2013(平成25)年4月8日から、通常は予科練平和記念館側から入る方法に変更になった。
 稲敷郡阿見町青宿121−1。予科練記念館・雄翔館の地図
雄翔館
雄翔館
雄翔園
 雄翔館の東側にある庭園。予科練二人像が正面ある(下記参照)。 中央の芝生広場は桜の花びらを、芝生の周りにある敷石は錨を、そして芝生の中にある7つの石は、 予科練の制服の象徴「7つボタン」と7つの海を表現しているという。 その周囲にある池や築山は各都道府県を表し、それぞれの場所には各都道府県から石や木が移されている。特にひときわ目立つのは富士山の築山。 また、若鷲の歌の碑などが庭園内にある。
 入園は予科練平和記念館駐車場から専用通路を入る。開園時間は午前9時30分から午後4時30分(最終入園は午後4時)。入園料無料。 休園日は予科練平和記念館に同じ。
 稲敷郡阿見町青宿121−1。雄翔園の地図
若鷲の歌碑
雄翔園(左)、園内にある「若鷲の歌」が刻まれた碑(右)
予科練の碑・予科練二人像
 雄翔園内にある。予科練二人像には、予科練の戦没者約1万9千人の霊璽簿がおさめられている。 国のため家族のために若い生命を捧げた予科練出身者たちを、永遠に顕彰し平和を祈念する目的で建立された。
 稲敷郡阿見町青宿121−1。雄翔園の地図
予科練二人像
予科練二人像
陸上自衛隊土浦駐屯地・武器学校
 陸上自衛隊の施設で、通常は予科練記念館関係施設以外は見学できない。入り口からの直っすぐ伸びた道路は、桜並木となっており、その間には戦車が展示されている。 また予科練記念館周辺には、零戦?に扮したT6テキサン(アメリカの練習機)はじめ、装甲車や戦車などが展示されている。
 稲敷郡阿見町青宿121−1。陸上自衛隊土浦駐屯地の地図
阿見飛行場
 霞ヶ浦の南側、阿見町島津にあった飛行場。2014(平成26)年4月27日で遊覧飛行を終了。その後閉鎖された。 跡地は大規模太陽光発電所が建設された。
 幅25m、長さ650mの滑走路を持つ、軽飛行機専用の民間飛行場。1980(昭和55)年、東京都江東区東雲の東雲飛行場が公共工事による閉鎖に伴い移転、開港した。 東京航空が運営、遊覧飛行や航空写真撮影などを行っていた。当時の遊覧コース、料金等は以下の通り。 遊覧飛行の受付は、大人2人から3人、時間は午前9時〜午後5時(冬期は日没まで)まで。 遊覧コースは12あり、飛行場周遊コース(大人1人2900円、小人1人2000円、遊覧時間6分)、 牛久大仏コース(大人1人4800円、小人1人3300円、遊覧時間10分)、 土浦コース(大人1人5800円、小人1人4000円、遊覧時間12分)、 欲張りコース(大人1人6700円、小人1人4600円、遊覧時間14分)、 霞ヶ浦コース(大人1人8200円、小人1人5600円、遊覧時間17分)、 学園都市コース(大人1人9700円、小人1人6700円、遊覧時間20分)、 筑波山コース(大人1人12100円、小人1人8300円、遊覧時間25分)、 鹿島スタジアムコース(大人1人14500円、小人1人10000円、遊覧時間30分)、 九十九里コース(大人1人17700円、小人1人12200円、遊覧時間40分)、 東京スカイツリーコース(大人1人17700円、小人1人12200円、遊覧時間40分)、 偕楽園コース(大人1人19900円、小人1人13700円、遊覧時間45分)、 東京一周コース(大人1人26500円、小人1人18300円、遊覧時間60分)。 小人は3歳〜12歳未満。なお、平日は対応していない場合があるので要確認。
 稲敷郡阿見町島津3440。
阿見飛行場 阿見飛行場格納庫
阿見飛行場に着陸する軽飛行機(左)、格納庫前(右)
東京医科大学茨城医療センター
 旧東京医科大学霞ヶ浦病院。500床余りの病床を持つ総合病院。呼吸器センター、循環器センター、脳神経センター、消化器センター、糖尿病センターなどを設け、多くの診療科を持つ。 地域がん診療連携拠点病院、肝疾患診療連絡拠点病院。
 稲敷郡阿見町中央3−20−1。東京医科大学茨城医療センターの地図
東京医科大学茨城医療センター
東京医科大学茨城医療センター
茨城大学農学部
 茨城大学阿見キャンパス。国立大学法人。本部は水戸市。農学部のみある。 生物生産科学科、資源生物科学科、地域環境科学科がある。
 稲敷郡阿見町中央3−21−1。茨城大学農学部の地図
茨城大学農学部
茨城大学農学部
茨城県立医療大学
 稲敷郡阿見町にある公立大学。保健医療の専門大学として1995年に開学した。看護学科、理学療法学科、作業療法学科、放射線技術科学科がある。 医科学センター、人間科学センターが設けられている。付属病院はリハビリ医療が中心。リハビリテーション科、整形外科、内科、神経内科、小児科などがある。
 稲敷郡阿見町阿見4669−2。茨城県立医療大学の地図
茨大通り
 茨城大学農学部の敷地を南北に通る延長約1.5kmの道路。阿見町を象徴する平和のモニュメントが建ち、街路樹には桜が植えられている。 茨大農学部の敷地内には、1922(大正11)年から終戦まで霞ヶ浦海軍航空隊が開設されていた。つい最近まで当時を偲ぶ建物が残っていたが、今は全て取り壊されている。 通りの東側には本部、その北側には士官の集会所があった。道路北に(保育所通り)全国の海軍航空殉職慰霊塔がある。
 稲敷郡阿見町阿見。茨大通りの地図
茨大通り モニュメント
茨大通り(左)、モニュメント(右)
茨大通り桜並木
 茨大通りの両側には桜が植えられ、桜の名所となっている。
茨大通り桜並木
茨大通りの桜並木
旧海軍通り桜並木の桜
 阿見町廻戸の茨城県道34号線沿いに残る3本の桜の古木。 桜が残る道路は、1921(大正10)年、同地に開かれた霞ヶ浦海軍航空隊の道路。 茨城県内で最初に舗装されたという逸話が残る道路で海軍道路と呼ばれ、見事な桜並木で知られていた。 しかし1945(昭和20)年6月10日の空襲などでほとんどが失われてしまった。 現在残る3本はこれらの危機を乗り越えた桜で、現在も樹勢はよく毎年多くの花を咲かせる。
旧海軍通り桜並木桜
旧海軍通り桜並木の桜
青宿祇園祭
 阿見町青宿地区の八坂神社祭礼。祇園祭は700年前から行われているとされ、神輿を担いで霞ヶ浦に入る「お浜入り」が行われる。
 青宿祇園祭は、7月の中旬に3日間に渡って行われ、初日が宵祇園、2日目が本祇園、3日目が上り祇園となる。 お浜入りは宵祇園に行われ、陸上自衛隊武器学校内の湖岸から神輿を担いだまま霞ヶ浦に入る。本祇園では、神輿が地区内を渡御。 上り祇園は神輿を神社に納める。
青宿祇園祭お浜入り
青宿祇園祭のお浜入り。担ぎ手の胸から肩まで浸かるほど深くまで神輿を進める
ヤーコン
 ヤーコンは南米アンデス高原原産のキク科の植物。現地では、インカ帝国より以前から食されていたという。 サツマイモに似た形ながら果物のように生で食べられるのが特徴。フラクトオリゴ糖と食物繊維が多く含まれ、特にフラクトオリゴ糖には整腸作用をはじめ様々な健康効果が知られている。 ヤーコンは天然のフラクトオリゴ糖を最も効果的に多量に摂取できることや低カロリーであることなどから、健康食品として注目されている。 約20年前に茨城大学農学部の月橋輝男教授の研究で、日本で初めて試験栽培された。このため阿見町では早くから注目され、栽培されている。
アップルフォーミュラランド
 スポーツカートランド。コースは530mながら、国内屈指のテクニカルコースとして知られ、多くのレースも開催されている。
 稲敷郡阿見町上条92。アップルフォーミュラランドの地図
曙のグミ
 住宅地の中に大きなグミが枝を広げている。過去には、室崎神社(阿見町大室)の馬場先だった場所で、根本には道祖神が祭られている。 道祖神は、もともと村境など、境界を守る神様。村に入ろうとする悪霊などを防ぐ目的で置かれている。 グミの木を燃やすと死人の臭いがするといわれ、そのことで悪霊に対抗しようと考えられている。 茨城県指定文化財。
 稲敷郡阿見町曙151−106。曙のグミの地図
曙のグミ
曙のグミ
2つの阿弥神社
 阿見中郷と竹来にある。延喜式に記載がある旧信太郡の阿見神社はどちらかで「式内神社問題」があった。 決め手となる資料は発見されておらず決着していない。延喜式では、旧信太郡2座とあり、もうひとつの式内社は美浦村の楯縫神社(下記参照)とされる。
阿見神社阿見中郷
 阿弥神社。阿彌神社。祭神は豊城入彦命。ただし、いくつかの説がある。古くは大明神、あるいは鹿島明神と呼ばれていた。1781(天明元)年、阿見神社を名乗った。 また、霞ヶ浦航空隊の敷地内にあった霞ヶ浦神社が移設されている。
 稲敷郡阿見町阿見2353。阿見神社・中郷の地図
阿見神社中郷拝殿
阿見神社中郷拝殿
阿見神社中郷本殿 阿見神社中郷参道
阿見神社中郷本殿(左)、参道(右)
阿見神社竹来
 阿弥神社。阿彌神社。祭神は武甕槌命。ただし、祭神については、普都大神とする説、豊城入彦命とする説、高来神とする説などがある。二の宮明神とも呼ばれていた。 本殿は、棟札によると1691(元禄4)年の建立。神域を囲む杉の大木群は、天然記念物「阿弥神社樹叢」として阿見町指定文化財となっている。
 稲敷郡阿見町竹来1366。阿見神社・竹来の地図
阿見神社竹来社殿 阿見神社竹来鳥居
阿見神社竹来社殿(左)、鳥居(右)
霞ヶ浦神社
 1925(大正14)年、霞ヶ浦航空隊のなかに建立。海軍航空隊関係殉職者の遺霊を奉斎している。 終戦後、阿見神社(阿見中郷)に移された。
霞ヶ浦神社
霞ヶ浦神社社殿

美浦村

霞ヶ浦、霞ヶ浦湖岸道路水郷筑波国定公園へ。
JRA美浦トレーニングセンター
 日本一の規模と施設を誇るサラブレッドの調教施設。約2000頭の馬がいる。面積は約66万坪で、東京ドームの約48倍の広さがある。
 稲敷郡美浦村美駒2500−2。JRA美浦トレーニングセンターの地図
陸平貝塚
 1879(明治12)年、東京大学の学生だった佐々木忠二郎、飯島魁両氏によって発掘された遺跡。 日本人の手によって初めて発掘調査が行われたことから「日本考古学の原点」とされ、古学史の観点からも重要な遺跡とされる。 1998(平成10)年9月11日、国指定史跡。
 貝塚は、霞ヶ浦南岸近くの島状の台地中央部にある盆地上の土地に大小8ヶ所が分布する。 縄文時代早期から後期(約8000年前〜約3500年前)にかけての貝塚が見られる。 貝の種類はハマグリ、オキシジミ(アサリの仲間)、サルボウ(赤貝に似た貝)、アカニシ(巻貝の一種)など内湾海水域に生息するものが多い。
 貝塚全体は、陸平貝塚公園として整備されており、貝塚の場所には、貝塚観察木道が設けられている。 また園内には、竪穴式住居が復元されているほか、美浦村文化財センター(陸平研究所)、里山交流館などがある。
 稲敷郡美浦村土浦。陸平貝塚の地図
竪穴住居
復元された竪穴住居
陸平貝塚碑 里山交流館
陸平貝塚碑(左)、森の中にある里山交流館(右)
光と風の丘公園
 野球場やテニスコート、多目的競技場、パターゴルフ場などのスポーツゾーン、キャンプ場やアスレチック、水遊びが出来るフィールドゾーンからなる多目的公園。
 稲敷郡美浦村受領1470。光と風の丘公園の地図
光と風の丘公園多目的広場 光と風の丘公園野球場
光と風の丘公園多目的広場(左)、野球場(右)
木原城址城山公園
 霞ヶ浦を眺望する丘の上にある城跡の公園。戦国時代、江戸崎城主・土岐氏の家来、近藤氏の居城と伝えられるが、詳しくは不明。 昔から「城山」と呼ばれてきた場所。城跡には、櫓が復元されているほか、遊具などもある。春には5万本のチューリップが咲き誇る。
 稲敷郡美浦村木原。木原城址城山公園の地図
木原城址城山公園
広々とした園内の城山公園
大須賀津湖畔農村公園
 霞ヶ浦の湖畔にある公園。霞ヶ浦が一望できる展望櫓が特徴。
 稲敷郡美浦村大須賀津。大須賀津湖畔農村公園の地図
大須賀津湖畔農村公園 霞ヶ浦からの眺望
大須賀津湖畔農村公園の展望櫓(左)、展望櫓からの霞ヶ浦の眺望(右)
妙香寺
 瑠璃光山薬樹院妙香寺。天台宗の寺。丈六薬師(じょうろくやくし)として知られる。
 丈六薬師は、薬師如来立像の高さが丈六(1丈6尺)、約3.6mあることから呼ばれる。 ヒノキの寄木造りで、作風などから室町時代のものと推定されている。 1706(宝永3)年、大規模な解体修理の記録が残る。1958(昭和33)年、茨城県文化財指定。
 関東九十一薬師霊場第77番札所。
 稲敷郡美浦村土浦2026。妙香寺の地図
妙香寺堂
妙香寺本堂
妙香寺門 妙香寺薬師堂
妙香寺山門(左)、薬師堂(右)
海源寺
 舟子山海源寺。曹洞宗の寺。1493(明応2)年の創建。舟子城主の佐野吉秀が開基、継庵道胤の開山。 本尊は薬師如来で、像高約32cmの寄木造り座像、美浦村の文化財に指定されている。
 関東九十一薬師霊場第76番札所、関東百八地蔵尊霊場第64番札所、茨城百八地蔵尊霊場第77番札所。 茨城百八地蔵尊霊場の詳細は茨城百八地蔵尊霊場へ。
 御朱印有。寺院の御朱印については御朱印・寺院も参照。
 稲敷郡美浦村舟子2463。海源寺の地図
海源寺
海源寺本堂
海源寺御朱印本尊 海源寺御朱印地蔵尊
海源寺本尊、関東九十一薬師霊場御朱印(左)、関東百八地蔵尊霊場御朱印(右)
水神宮
 霞ヶ浦に突き出すように造られている水神宮。木原漁港の近く、湖岸道路の外側にある。水神宮の湖側には、木原水位観測所、木原雨量観測所がある。
 稲敷郡美浦村木原。水神宮の地図
水神宮
水神宮
楯縫神社
 旧信太郡一の宮、うっそうとした木立に囲まれ、たくさんの木々に囲まれた長い参道が特徴。この森は、茨城県の自然環境保全地域に指定されている。 延喜式の式内社。祭神は普都主命(フツヌシノミコト)。607(推古天皇15)年の創建と伝えられる。普都主命がこの地で兜と楯を脱いだという故事にちなむ。 楯脱ぎが転じて楯縫になったという。
 稲敷郡美浦村木原2988。楯縫神社の地図
楯縫神社拝殿
楯縫神社拝殿
楯縫神社鳥居 楯縫神社参道
楯縫神社鳥居(左)と参道(右)
copyright © 2007-2017 つくば新聞 by tsukubapress.com all rights reserved.

広告