つくばと筑波山の総合情報サイト!

MENU

筑波山

つくば近隣ガイド

広告

鶏足山塊の登山コース

 鶏足山塊は、筑波山塊と同じく八溝山地に属する。 八溝山地は北から八溝山塊、鷲子山塊、鶏足山塊、筑波山塊の4つに分けられる。 鶏足山塊は、北側から御前山、鶏足山、仏頂山、高峯などで構成される。標高は400mから500mで 最近の低山ブームもあって人気の山々となっている。最近では、登山道の案内板や駐車場の整備も進められている。
御前山
 御前山は、鶏足山塊の最北部に位置する。標高は156mと高くはないが、那珂川と御前山の原生林の織り成す景観は、 「関東の嵐山」「常陸の嵐山」などと称えられている。このため、かねてより多くの登山者が訪れている。 御前山の名称は、孝謙天皇が、下野国の薬師寺に左遷された弓削道鏡を追ってこの山に住んだという伝説からという。 山頂付近には1220(承久2)年頃に藤原時房が築いたという御前山城址がある。また、御前山を中心とした7380haは 「御前山県立自然公園」となっている。
 メインの登山コースは、道の駅かつら大駐車場を発着点にした東登山口から。 登山道は御前山ハイキングコースとしてきれいに整備されている。 那珂川大橋手前を左折するとすぐに東登山口がある。森林の中を登りきると休憩所がある。ただし眺望は無い。 ここは標高的なほぼ登り切った感がある場所で、これ以降の登りは少ない。休憩所から少し行くと鐘楼堂跡分岐。 ここを左に行くと鐘楼堂跡。当時の遺物は無いが、現在は休憩所が設けられている。眺望もある。 鐘楼堂から戻り、先ほどの分岐を左へ。すぐに御前山の頂上だが、それを示すものは無い。 その後西登山口分岐を左へ、さらにしばらく行くと皇都川近くの西登山口に出る。ここからは林道を進み道の駅に戻る。 皇都川のある景観も美しい。また小さな滝などもある。
 東茨城郡城里町御前山37。道の駅かつら大駐車場の地図
道の駅かつら駐車場
道の駅かつら駐車場
御前山東登山口 御前山東登山口付近
御前山ハイキングコース東登山口(左)、御前山ハイキングコース東登山口付近の登山道(右)
御前山東登山口近登山道 御前山東登山口斜面登山道
御前山ハイキングコース東登山口付近(左)、同じく東登山口付近(右)
御前山東登山口登山道 御前山東登山口登山道斜面
御前山ハイキングコースの登山道、登山口を入って少しすると傾斜がややきつくなる(左)、同じく登山道(右)
御前山登山道傾斜 御前山休憩所前
御前山ハイキングコースの登山道、この付近はかなりの傾斜(左)、御前山休憩所前(右)
御前山休憩所 御前山休憩所案内
御前山ハイキングコース休憩所、ここへ到達することで概ね標高は達成(左)、御前山休憩所前の案内板(右)
御前山休憩所先 御前山登山道その先
御前山ハイキングコース休憩所先の登山道、今までと違ってアップダウンは少なくなる(左)、同じくその先の登山道(右)
御前山カーブ 御前山カーブ案内板
御前山ハイキングコースの急カーブ(左)、急カーブにある案内板(右)
御前山鐘撞堂跡分岐 御前山鐘撞堂跡分岐案内
御前山ハイキングコースの鐘撞堂跡分岐(左)、同じく鐘撞堂跡分岐の案内板(右)
御前山鐘撞堂跡休憩所 御前山鐘撞堂跡方面から
御前山ハイキングコースの鐘撞堂跡にある休憩所(左)、鐘楼堂跡分岐、鐘楼堂側から(右)
御前山鐘撞堂跡眺望
御前山ハイキングコースの鐘撞堂跡からの眺望
御前山鐘楼堂分岐先 御前山鐘楼堂分岐先案内板
御前山ハイキングコース鐘楼堂分岐先(左)、同じく鐘楼堂分岐先にある案内板(右)
御前山最高標高地点付近 御前山最高地点先
御前山ハイキングコース、最高地点付近(左)、同じく最高地点先の登山道(右)
御前山西登山口分岐 御前山西登山口分岐案内
御前山ハイキングコース、西登山口分岐(左)、同じく西登山口分岐にある案内板(右)
御前山西登山口分岐2 御前山分岐2案内板
御前山ハイキングコース、2か所目の西登山口分岐、ここから川沿いに下る(左)、同じく案内板(右)
御前山川沿い登山道 御前山川沿い
御前山ハイキングコースの川沿いの登山道(左)、同じく川沿いの登山道(右)
御前山林間 御前山西登山口手前案内板
御前山ハイキングコース林間の登山道(左)、同じく西登山口手前の案内板(右)
御前山西登山口手前 御前山西登山口
御前山ハイキングコース西登山口手前付近(左)、御前山ハイキングコースの西登山口(右)
御前山西登山口前 御前山西登山口下林道
御前山ハイキングコース西登山口前の林道、左手が登山口(左)、西登山口から少し下った場所の林道(右)
御前山脇川 御前山藤倉の滝
御前山ハイキングコースから川を見る(左)、同じく林道わきにある藤倉の滝(右)
御前山林道 御前山林道皇都川
御前山ハイキングコースの林道(左)、同じく林道と林道わきを流れる皇都川(右)
御前山皇都川 御前山
御前山ハイキングコースの林道沿いに流れる皇都川(左)、同じく整然と整備された林道(右)
御前山林道分岐 御前山道の駅前
御前山ハイキングコースの林道分岐、ここを左へ。少し進むと道の駅(左)、同じく道の駅前の道路、正面が道の駅(右)
鶏足山
 鶏足山は、標高430.5m。栃木県との県境にある山で、山頂に三角点「下赤沢」がある。弘法大師の伝説が残っている。 布教のため滞在していた弘法大師は、護摩修行していた時、鶏の鳴き声がした。 この山にも鶏がいるのかと鳴き声のした方に行くと鶏冠の形をした大きな石があった。 この石が鳴いたのだろうと「鶏足山」と名付けたとされる。 山中には、弘法大師が護摩を焚いて修行したという「護摩壇石」や鶏足山の名前の由来となった「鶏石」がある。 山頂北側の眺望のある見晴台と呼ばれるピークには弘法大師の祠があり、毎年1月14日には登山者の安全などを祈願する「初祈祷厳修」が、麓の徳蔵寺の住職によって行われている。
 鶏足山登山のメインルートは城里町上赤沢の鶏足山駐車場から標高340mの赤沢富士(富士ヶ平山)を経由して登るコース。 ほぼ尾根を直登するコース。赤沢富士の頂上を過ぎた後など、若干の下る場所はあるが、ほぼ一貫して登りのルートとなる。 なお、城里町のパンプレットでは眺望のある見晴台のピークに鶏足山、国土地理院の地図では三角点のあるピークに鶏足山の表記がある。 当サイトでは国土地理院の地図に合わせて三角点のあるピークを鶏足山頂とした。
 2013(平成25)年には登山道入口に鶏足山駐車場が整備され登山者の利便性が向上、登山者が増えた。 それに伴い、駐車スペースが不足したことから、2023(令和5)年には、鶏足山駐車場が大幅に拡張されている。
 東茨城郡城里町上赤沢265−1。鶏足山駐車場の地図
鶏足山駐車場 鶏足山駐車場公衆トイレ
城里町営の鶏足山駐車場(左)、同じく鶏足山駐車場の公衆トイレ(右)
鶏足山橋 鶏足山駐車場脇道路
鶏足山駐車場脇から橋を渡って道路へ(左)、駐車場脇道路この先に登山道入り口(右)
鶏足山登山口 鶏足山登山道入口すぐ
鶏足山の登山道入口(左)、入口すぐの登山道(右)
鶏足山登山道森林すぐ 鶏足山浅間神社中宮跡
鶏足山登山道、森林に入ってすぐ(左)、浅間神社中宮跡(右)
鶏足山登山道森林 鶏足山登山道森林根
鶏足山登山道、同じような登山道が続く(左)、同じく鶏足山登山道、樹木の根がたくさん張り出している(右)
鶏足山登山道礫 鶏足山赤沢富士頂上前
鶏足山登山道、礫がボロボロと崩れている場所も(左)、鶏足山登山道の赤沢富士頂上前(右)
鶏足山赤沢富士頂上 鶏足山赤沢富士頂上すぎ
赤沢富士、富士ヶ平山の頂上、浅間神社が祀られている(左)、赤沢富士頂上すぎ鶏足山方面への登山道(右)
鶏足山登山道 鶏足山変則十字路
同じく赤沢富士すぎの鶏足山登山道(左)、 変則十字路。実際は林道に登山道が交差している。鶏足山山頂方面は林道沿いの崖のような場所を登る(右)
鶏足山変則十字路登山道口 鶏足山登山道十字路先直
変則十字路、林道沿いの登山道口、案内板が無いと登山道と分からないような場所を登る(左)、左の写真の登山口を登ってすぐ(右)
鶏足山登山道十字路先 鶏足山富士山
同じく十字路すぎの鶏足山登山道(左)、鶏足山から富士山(右)
鶏足山下山分岐 鶏足山下山分岐案内板
鶏足山登山道、山頂まで375m付近、下山道分岐でもある(左)、同じく同場所の案内板(右)
鶏足山頂上前分岐
鶏足山頂上前分岐。山頂は左。ここまでくると頂上はすぐ
鶏足山頂上前分岐案内板 鶏足山頂上前分岐頂上側
鶏足山頂上前分岐案内板(左)、鶏足山頂上前分岐頂上側、下山時見落とし注意(右)
鶏足山山頂
鶏足山山頂、木製のテーブルと椅子があり休憩できる。そのこちらから見て右側にあるのが三角点
鶏足山山頂三角点 鶏足山山頂北登山道
鶏足山山頂の三角点(左)、鶏足山山頂の北側登山道、急な下りになっている(右)
鶏足山登山道山頂北 鶏足山登山道山頂北稜線
同じく鶏足山から北側の登山道(左)、同じく稜線を進む(右)
鶏足山山頂北登山道 鶏足山登山道見晴台前
鶏足山から北側の登山道、稜線の先が開けてくる(左)、同じく見晴台と呼ばれる鶏足山北側のピーク手前(右)
鶏足山見晴台
鶏足山の北側にある見晴台と呼ばれるピーク。眺望がいい
鶏足山見晴台眺望
鶏足山見晴台からの眺望
copyright © 2007-2024 つくば新聞 by tsukubapress.com all rights reserved.